--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

報われる営業・報われない営業

ディーラーで試乗したのが1週間前。
そこから、あれよあれよという間の急展開。

今まで、いろいろな思い出をともに作ってきた愛車とのお別れを決めました。

パワフルだし、マッチョな見た目はかっこいいし、
その割に、狭い道も結構通れるし、ほんといい車でした。
特に冬にはよく頑張ってくれたなぁ~
去年の12月には、ASAMA2000までの道のりにも果敢に挑戦したし。

6年経った今も大好きな気持ちは変わりません。
そして不満もない。
でもね、すでに8万キロ超えてるし、ハイブリッドの補償も8年で切れるし、
タイヤも買い替えなきゃいけない。

今、お嫁に出さないと、完全に行き遅れちゃうから、
寂しい気持ちをこらえて、送り出すことに決めたのです。


で、今回、初めて車を売る、という経験をしたわけですが、
売主として、営業として、とても興味深い体験になりました。
そもそも一体、いくらで売れるものなのか、相場が分からない。
下取り価格によって、次の車の許容範囲予算だって変わってくる。

まずはディーラーでも出してもらったんだけど、
え?これくらいにしかならないの?(°◇°;) という寂しいお値段。

ディーラーの営業からも、
「正直、うちはそんなにがんばれない、専門業者の方が絶対いい価格出ます」
とアドバイスもらったので、下取り価格は他で査定してもらうことにした。

帰り道で買取業者に寄ってみようと思ってたんだけど、
相場をすぐ知りたいというのもあったので、
その場で、気軽な気持ちで携帯から査定サイトにアクセス。

意図せずに一括見積り依頼をクリックしてしまったようで、
暫定価格が表示された後、瞬時に業者から電話の嵐。。。

あー。これは引越し一括見積依頼した時と一緒だぁ!なんて思いながら
早速、電話がつながった順に、翌日朝からの出張査定を数社に依頼してみた。


さらに、帰り道にあった大手買取A社のショップに立ち寄って、査定依頼。
そしたら、ここでまたもや急展開。
翌日引き取りと即契約という条件でかなりいい値段を出してくれたので、
その場で契約書記入してしまった。
1社で決めるつもりはなかったんだけど、車に詳しい旦那もまぁ納得の価格。
長い説明も聞かされてちょっとめんどくさくなってたのもあるのかな。

が、これで終わりじゃなかった。

出張依頼していた他社に、「A社さんで契約したので・・」とお断りの電話を入れると、
それでもすごい勢いで食らいついてくる営業が1名。
最初に電話がつながったB社の営業。


ですが、、、結果的に、買取してもらうことに決めたのは、
実はこの2社のどちらでもなく別のC社。


ネームバリューと安心感はA社。
A社からは、大手としてのメリット、中堅業者のマイナス面や不安な面も聞かされた。
おかげで他社との交渉時に、そういった不安面を払しょくするための条件を
こちらから出すことができたのは良かった。
しかも、この一発価格が、その後の価格交渉のベースになったのは大きい。
一方で、良い価格と引き換えに引き渡し日・場所・即決条件など
こちらにも負担を強いる条件があったのが、他社検討に踏み切らせる要因だったなぁ。


電話も1番だったし、営業という意味での食らいつきはB社。
B社の説得のおかげで、もうやめようと思っていた他社を検討する気になったし。
でも、残念なことに一番重要な価格交渉、提示の仕方の詰めが甘かった。

出張査定当日は、B社とC社、両社揃っての査定。
B社が一発MAXの価格を用意した後、
C社はその価格から競りをしようと提案し、結果C社がわずかな差で勝利。

C社はB社のおかげで、査定の土台に乗ることができ、
上手な価格提示戦略によって成約獲得。

B社の提示価格のおかげで一気にスタート価格があがったので、
売り主としては嬉しかったし、その分B社がちょっとかわいそうにも思えたけど、
そこは事前に決めたルールでのコンペなので、フェアにいかないとね。


売主としては、全ての条件において思い通りの結果になったので大満足ですが、
営業という立場も分かるので、なんだか複雑な気分。

会社の看板、仕組み、
営業の努力、運、戦略、
そして、タイミング。

いろんなものが絡み合って結果が出るものだから、
営業って一筋縄ではいかない。

うーむ感慨深いわ。
スポンサーサイト
21:00 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
6年間ありがとう | top | 効果抜群、魔法の家電

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tomosukesuou.blog.fc2.com/tb.php/1209-dc7d23f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。