--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

これがほんものの陣痛かっ!!

新しい陣痛促進剤を投与しはじめたら、早速効き目が!!

明らかにこれまでの痛みと違う(*_*)

今まではまだ、足も伸ばしたままで呼吸法で痛みを逃して、
力を入れないようにって意識ができたけど、
今度のは痛すぎて、痛みのピークの時は力を入れないなんて不可能。

片膝を立てる状態にして、足の裏同士を合わせる、という姿勢でなんとか耐える。
後で旦那曰く、アイソメトリクス運動してたよね、だって。
ピークが過ぎたかなって思ったら、意識的に肩の力を抜かないとついつい力入りっぱなしになる。


そのうち、どんどん強くなる痛みに耐えるため、
左手で旦那の指2本(2本がちょうど良かった)を握って引っ張り、
右手は壁に突っ張るという行動に。
旦那に言わせると、その握って引っ張った指をさらにひねろうとしてらしく痛かったって。。。
陣痛の波が落ち着く前に、指をそっと抜こうとする旦那に
「勝手に外さないで!」と怒ったりもした(笑)

呼吸法も基本的にはながぁ~く吐くを実践してたけど、
そのうち、悲鳴・奇声に変わっていった。
「ふぅ~~~」から「うぅ~~~~!!!」って感じ。
顔もしかめて、歯もくいしばって、一体どんな形相だったのやら・・・(笑)


最初は、波の間にちゃんと休憩時間があって、
そこで一瞬スヤスヤ寝てるような状態にもなれたけど、
後半になると、痛みは増すし、波が弱まってきたかなと思うとまた次が来る、
という感じで休む暇なく耐え続けなければならない。

叫びながら、涙も出てくるし、大声で泣きたくなったくらい。


こんな大騒ぎ状態でも助産師さんが駆けつけるわけでもないし、
きっとお産ってみんなこういうものなんだろうなって思いながらも、
「こんな状態がまだしばらく続くの?いつになったら生まれるんだ???」
「夜もたいして寝られてないし、すでに結構疲れてる。。。」
と弱気になる。


体力にはそこそこ自信あったし、
世の中の多くの女性がみんな経験してる事だから
乗り切れないことなんてないはずって思ってたけど、
「もしかして、悔しいけど普通分娩リタイアするのか、わたし・・・?」と本気で考えたし、
「こんなのがずっと続くならもう無理。これなら帝王切開して出してほしいくらい。
それか今から無痛分娩に切り替えられないかなぁ~」
と、旦那にもつい弱気発言。


ゴールまで今どれくらいって見えていれば、それが励みにもなるのだけど、
「最低限の努力で8割の結果を出すタイプ」のわたしには
こういう先の見えない状態で頑張るのって一番苦手。。。

世の中のお母さん達って、どんなにかよわそうに見えても
こんなことに耐えて子ども産んでたのかっ!
ほんとすごいわっ!!と思い、
さらに、自分はそこに入れないのかも・・・と思った瞬間でした。
スポンサーサイト
11:00 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
最後はいっきに。 | top | 先の見えない戦い

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。